藤崎センセーと三科くん-文化祭編-


0:00
0:00
{{ audio.title }}

無料お試し視聴

購入後に見れる・聴けるファイル

【あらすじ】 「オレは教師だから、毎年時期になるとみてるけど……。いつになっても、最後の文化祭ってつーのは感慨深いな」 放課後の教室、文化祭の準備に追われて忙しい日々の疲れからうとうとしている三科と、その様子を微笑ましく見守る藤崎。 三科は眠気にぼんやりしながらも、出会った頃の話をする藤崎の言葉から、告白したときのことを思い出し……。 「俺、この高校に来てよかったって思った。アンタが担任でよかったって……だから、告白したんだ」 【キャラクター】 攻め:藤崎 司(ふじさき つかさ) 28 歳 化学を担当する高校教師。見た目から不良教師と呼ばれているが、仕事には真面目に取り組んでいるため、他の教師たちからどうにか 見逃してもらっている。いつも飄々としていて余裕を持っている。見た目が遊んでいそうなため誤解されがちだが、意外と一途で純愛 タイプ派。 女子生徒たちからの告白は傷付かないよう上手く断っている。 普段、秋良のことはクソガキやおこちゃまとからかっているが、恋人として甘やかしてやりたい気持ちは強く、子ども扱いと恋人扱い の切り替えをしっかりとする。教師としての倫理観は持ち合わせており、卒業までは手を出さないと決めている。 受け:三科 秋良(みしな あきら) 17 歳 高校3年生。 教師と恋人との切り替えを上手くしてくる藤崎についていこうと必死で、無理に大人っぽく振るまっ たり、強がったりしてしまう高校生。理系の進学コース。 自分の子どもっぽさや余裕のなさに焦りを感じ、その反動でツンツンとした生意気な態度を取ってしま うこともしばしば。 藤崎(とくに顔)のことが大好きだがなかなか素直になれない。 【作品に含まれている要素】 教師/生徒/年上攻め/年下受け/ツンデレ受け/歳の差/体格差/相思相愛/純愛/恋人/文化祭/軽音部 イラスト:乾田 万作 さま シナリオライター:逢花 ひとは さま 藤崎 司  CV:藤枝 興平 さま 三科 秋良 CV:寛川 マモルさま

ご購入はこちらから

ダウンロードはこちらから

(税込)
購入するには ログイン または 会員登録 をする必要があります。